Samsung SSD 840 EVOの速度を検証

搭載することでOSやアプリケーションの起動が高速化されるSSD。近年で発売されるPCにはSSD搭載のものが増えてきて、一般的に馴染みのあるパーツになってきました。デスクトップはもちろん、ノートPCはSSD推奨と言われている程、搭載しているのとしていないのとでは起動速度に差がでます。

SSDも色々なメーカーからでていますが、Samsung SSD 840 EVOはフラッシュメモリを採用しており、容量は120GB・250GB・500GB・1TBと4つのラインナップが用意されています。用途や使用頻度などに合わせて選べるのは嬉しいですね。オフィスソフトや写真や動画編集ソフトなど容量が大きくて起動が遅いソフトなどはSSDの容量も大きものを選ぶことで作業効率アップにも繋がりますよね。

Samsung SSD 840 EVOの大きな特徴はフラッシュメモリを搭載していることです。このフラッシュメモリはサムスンの独自の3D V-NAND技術で、記憶密度と信頼性を同時に向上させる仕様になっています。また、メモリセルあたり3bitを記録することができるTLCとして使用することができます。コントローラーの設定で、フラッシュメモリを制御させてSLCとしても利用することが可能になっています。

2つ目の特徴は「MGX」を採用しているということ。低容量モデルのランダムアクセスが向上されているといいます。3つ目の特徴は「TurboWrite Technology」が改良されたということ。改良されたことにより、予備領域への負荷による低速化をカバーして書き込み速度が向上しています。更に、保証期間も5年と長く、120GBと250GBモデルは75TBW、500GBと1TBモデルは150TBWまでの容量をSDDの寿命まで書き込めるため高い耐久性ももっています。SSDなど消耗が早いため、耐久性の向上によってコスパがよくなるので購入ポイントが上がりますね。

転送速度のテスト結果

ベンチマークテストはSamsung SSD 850 EVOとSamsung SSD 840 EVOで速度を比較しています。どちらも容量は120GBです。テストに使用したコスパ最高のゲーミングPCはCPUにCore i7-4770Kでメモリは8GB(4GB×2)、グラボはIntel HD Graphics4600を使用しています。

PCMark 8テストでは、SSD 850 EVOが49992、SSD 840 EVOが4981とそこまでの差は感じられない結果になりました。ただ、平均転送速度の計測ではSSD 850 EVOが306.1でSSD 840 EVOは287.1と、有意な差がでてくれました。

次に気になるのはオンラインゲームでの速度です。計測に使用したゲームタイトルは負荷が大きいと言われているBF3とWoWの2つです。WoWはSSD 850 EVOが57.9でSSD 840 EVOが58.0という結果に。BF3はSSD 850 EVOが133.0でSSD 840 EVOが133.1という結果になりました。ゲームに関しては数値が小さいほうが速度が早いということになります。その点を考えると、ゲームだとあまり新旧モデルで速度の差は感じられないようです。

総合的な転送速度はそこまで大きな差はでませんでした。が、ランダムアクセス性能はSSD 850 EVOのほうが上がっているため、実際の使用感はSSD 850 EVOのほうが使い心地は快適だと考えられます。また、SSD 850 EVOは保証期間が5年と長く、耐久性も向上しているのでコスパはいいですね。ノートPCの快適化を考える人は検討の1つとしておすすめです。