フラッシュメモリの電源が確保できればSSDのほうが長持ちする

フラッシュメモリの電源が確保できるならSSDの方が長持ちしそうでだ。いくらHDDやSSDやフラッシュメモリの大容量化や小型化が進んでも、目的や方向性が違うから需要は有ると思う。イベントでDVDを配ったり、プレゼンで配布したり、DVDのバックアップなんかはプレーヤで再生する機会が多いから。確かに、効果がありそうだった。けど、今の手持ちでUSBとか良いフラッシュメモリの、持ち合わせが無い。ノート用内臓SSDなんかは、あるけど、別の用途に使うつもりだからな。ハイスペックPCを期待されてるけど、グラボも電源レスのGTX750tiだし、CPUもi5だし、メモリも16GBなので表向きのスペックは普通。お金かけたのは安定稼働のため(電源、SSD、HDD、メモリの品質)だから、見えない所に注力した感じ。

サーバーOSをCentOSに変更するため、これを機に余っているSSD・HDDを繋げる。→イメージをダウンロード→DVD-Rがないことが判明(職場に置いていたorz)→USBメモリを探し見つける。→UNetbootinでブートイメージ作成。corei7、GTX970,SSD。流石にメモリ16GBは高くなるし無駄だからやめた。メモリ8GB。今の性能なら、メモリとSSDにするだけで当分長く使えるな。4GBたしても12GBとなんだか中途半端だ。1kg以下でHaswell or Broadwell積んでて8GB以上のメモリで256 SSD積んだ6時間以上電池が持つノートPCが欲しい。