フラッシュメモリ感覚のHDDがSSD

SSDはあんまり好きじゃない。理由はフラッシュメモリだから。HDDより寿命早く来そうでやだ。SSDは回転するディスクを使わない、フラッシュメモリ感覚のHDD、ってところか。HDDと比較すると容量は小さめだが、データの読み書きが段違いに速い。64GBのをOSブート用に使用し3年目だがまだまだイケる。SSD+HDDの環境を作るなら今のPC筺体では無理ということになる。仮に、「データはUSBのHDDとかに保存する」という事なら単純にSSDに交換してOSいれれば済む話だけど。メーカー製のOSってどうなんだろ。NAND型フラッシュメモリの構造知ってからSSDは信頼してない。昔SDカードを利用したSSD激安PCの組み方とか見た事あったな。SSDドライブって、要はでっかいフラッシュメモリだし。SSDって基本フラッシュメモリ扱いのストレージなんだね。USBメモリに仮想PC入れようとしてもストレージによっては弾かれるし。SPでフラッシュ関連の制御がかわってるのかも。仮想PCってメーカーはほとんど対象外にしてる。

iPhoneとかってそういうソフト使わんと絶対取り出せないようになってる。Apple製品が好き。使いやすいし。ヒューレットパッカードのSSDのノーパソだから、フラッシュメモリ買わんといけない。デュアルXeon、メモリ128GB、SSDのRAID構成とかにしたい。いや、確実に使い切れないけど。ノートPCに求めるスペックは、メモリ8GBとSSDストレージかな。eclipse重いし。年末年始に自宅PCの延命を行いました。具体的には、CPU交換、メモリ増強、グラボ取付で約1万円。現在、HDDからSSDへの交換を検討中。ASUSのX200MAをHDDからSSDを換装しようとして、HDDからリカバリデータの抽出とSSDへの流し込みで夕方から戦っているけれどうまくいかない。USBメモリが悪いってWindowsは言うんだけど、最近のUSBメモリは数万個のファイルも普通に使えるはずだけどね。