今後発売されるパソコンはどんどんskylake搭載していく?

先日発売されたintelの第六世代CPU skylakeですが、第五世代、第四世代と比較して、それほど大きな性能の飛躍は感じておりません。
しかしながら、やはり新しく発売された規格のものは、今後発売されていくパソコンなどに、どんどんと搭載されていきます。
すでに、BTOショップなどでもskylake搭載型のパソコンがどんどんとラインナップされております。
また、大手メーカーなどもskylakeを搭載しているものがラインナップされてきております。ただ、古いCPUはBTOショップで淘汰されていくので、Fallout4推奨スペックのようなCPUを求められたとしても最新のSkylakeを搭載したゲーミングPCを買うしかありません。
どうしてskylakeに変っていくのか?ということも思えるのですが、これは今後を見据えて、拡張性を考えて・・・と考察いたします。
旧世代のCPUとの性能差は先ほども書きましたが飛躍した、目に見えた性能差は感じられず、驚くほどパソコンの性能がアップするわけではありません。
しかしながら、メモリがDDR4とDDR3Lに対応しております、データ転送レートの上がったDDR4が使用できることは、末永く考えれば性能を上げることですし、なにより今後色々とパーツを交換する上で互換性の有無は重要な要素です。
また、skylakeに内臓されているグラフィックコンピューターIntel HD Graphics 530は旧世代よりも性能が向上しております。
それほど高性能がGPUが必要でない際には、これで十分ではないかと思えます。
今後を見据えて、互換性を考えて、ということで、新規や丁度パソコンを買い換える方であれば、現状発売されはじめているskylake搭載パソコンを購入を考慮しても良いと思います。
ただ、いますぐにでも!という状況では無い様に思えますので、まだまだ焦るほどのことでは無いと思えます。
今後DDR4が安価になり、その他の部品なども安価になっていき、skylake自体も普及し安価になることを考えればskylake搭載パソコンは増えると思われます。

フラッシュメモリは大容量化向き

今はまだSSDが小容量だけど冷静に考えると現行モデルでも1チップ128GBとかだからフラッシュメモリの方が大容量化に向いてそう。万が一の時が怖いけど。SSDが出てきて数年愛用してる仲間も居て結構評価出てるから。フラッシュメモリのロードスピードは脅威だ。光磁気円盤って、USBフラッシュメモリやSSDより、今の時代に結構間に合う規格やと思うんだけどな。対容量で見るなら未だに磁気ディスク(HDD)の方が(コスパとしては)強いけどな。SSDはあれ、フラッシュメモリをHDDにしてるイメージ。SSDの寿命、書き換え回数で騙されがちになるけど、SSDはHDD以上に壊れやすい記憶媒体。理由は単純で、フラッシュメモリと同じチップが使用されており、耐久性に難があるため、こちらは、HDDと違い衝撃に強いけど、静電気など電気的な影響に脆弱。

USBメモリ限定での話。フラッシュメモリだとSSDとかもはいっちゃうな。SSDに取って代わる物が出ない限りはフラッシュメモリ全盛が続く気がする。MacBook用のSDカードスロットに挿せるフラッシュメモリある。あれSSD代わりにならないかなとか思うけど、転送速度遅いかな。SSD、高値更新された。もう家にあるフラッシュメモリでいっか。なんでも、製造はできるけど、回転させると強度が足りないらしく…液体封入もしくは真空とかで対応できるそうだけどコストの兼ね合いとかもあって、SSDとかのフラッシュメモリ系の大容量化が進んでるからそのうちコストがかち合うとかなんとか。フラッシュメモリが値下がりして、SSDだなんだと言ってる昨今。光学ドライブやめてもいい気はする。フラッシュメモリだからSSDなのか。

3万でSSD2枚追加できる

たったインテルの3万でSSD2枚とi7-3770に8GBメモリ、HDD2TB、750wのくそ電源、リテールじゃないCPUクーラーとかが一気に生えてきたからな。CPUばっか持ってても意味ないしかも3桁i7とか相当な産廃。とりあえずメモリは4枚乗るみたいだからメモリ追加で合計12GBを目途にまず強化を行い。電源を500wを目途に強化(補助電源ありの)ケースを載せ替えGTX650を載せる。それからHDD2TB追加、SSDに片方交換。BDドライブ化を行う。流石に緊急事態過ぎるから、メモリとSSDを買ってこよう。SSDも買う予定だったし。メモリとSSD以外のパーツ一新した。PC弄るの久々すぎてめっちゃ時間かかった。パソコンの更新が半分完了。メモリとSSD取り替えるだけでこの数値の上がり方。これグラボ使ってないのにな。

初めは「メモリスロット全部埋めたいじゃん、32GB積もう」とか、「SSD複数積んでRAID0にしよう」とか色々ぶっ飛んだ構想があったんだけど、さすがに自重した。USBメモリにハイパーバイザーが入ったままってのもなあってこともあって、できればちゃんと内蔵SSDに入れたいのだが、結局問題はSATA回りっぽいけど、情報がさくっと見つからないってことは、ESXiインストーラに組み込むドライバが何か難しいのだろうか。さすがHDDは更新インストールのダウンロードに時間がかかる。延々とダウンロード。SSDに換装すると、安くてもプラス1万円。でも長い目でみたら時間の大幅な節約になるし、ドライブの仮想メモリへのアクセスが速くなる。

古いマザボならフラッシュメモリタイプのSSDがいい

昔のマザボに乗るのかな。メモリは確実にピン数増えてそう。あとやるならSSDにしたい。MacBook AirのSSDが手狭になってきたから、USBのフラッシュメモリ(16G位)を買ってパラレルのデータを移そうかと思ってる。USBので、出っ張りが少ないの(マウスのトランシーバくらいのやつ)を欲しいけど、なにがいいかな。メモリ足りないパソコンの動作改善にSSD入れたほうが良いのではというやり取りをしていたが、確かに動作早くなるだろうけどSSDの寿命も早くなるということに気づけなかった。MBPはメモリ16G、SSDは512GB、CPUはそのままで審査通るかだけやるか。Windows高速化の手順は、想メモリとTempファイルをDドライブに移動→CPUとメモリ増設→SSD交換か。

ケースとSSDとCPUとGPUとマザボとメモリと電源とモニタとHDDとNICとサウンドカードほしい。スペックはそれなりかな。とりあえずメモリは6GB化してSSD化はしてる。次PCのアップグレードするのはCPUかな。しかしCPU マザボ変えて DDR4のメモリにして .M2のSSDに乗り換え~とかしてたら何ぼかかるんだ。メモリとSSD がほしい。しかし揃えたら三万消える。誰かグラボとCPUとメモリとSSDとHDDとファンとBDプレイヤーくれないかな。モニターは目が疲れにくいIPSモニター。サイズは24.1インチ。メモリも一応理由がある。むしろ他の(Blu-rayドライブとかSSDとかCore i7とか)は削減して良かった。SSDが案外安かった。約60kのモニターってかなり良いやつ。メモリとか半分で良かろうに。

フラッシュメモリの電源が確保できればSSDのほうが長持ちする

フラッシュメモリの電源が確保できるならSSDの方が長持ちしそうでだ。いくらHDDやSSDやフラッシュメモリの大容量化や小型化が進んでも、目的や方向性が違うから需要は有ると思う。イベントでDVDを配ったり、プレゼンで配布したり、DVDのバックアップなんかはプレーヤで再生する機会が多いから。確かに、効果がありそうだった。けど、今の手持ちでUSBとか良いフラッシュメモリの、持ち合わせが無い。ノート用内臓SSDなんかは、あるけど、別の用途に使うつもりだからな。ハイスペックPCを期待されてるけど、グラボも電源レスのGTX750tiだし、CPUもi5だし、メモリも16GBなので表向きのスペックは普通。お金かけたのは安定稼働のため(電源、SSD、HDD、メモリの品質)だから、見えない所に注力した感じ。

サーバーOSをCentOSに変更するため、これを機に余っているSSD・HDDを繋げる。→イメージをダウンロード→DVD-Rがないことが判明(職場に置いていたorz)→USBメモリを探し見つける。→UNetbootinでブートイメージ作成。corei7、GTX970,SSD。流石にメモリ16GBは高くなるし無駄だからやめた。メモリ8GB。今の性能なら、メモリとSSDにするだけで当分長く使えるな。4GBたしても12GBとなんだか中途半端だ。1kg以下でHaswell or Broadwell積んでて8GB以上のメモリで256 SSD積んだ6時間以上電池が持つノートPCが欲しい。

SSDの寿命判定

SSDはSolid State Drive:ハードディスク装置の代わりに半導体素子を記憶媒体に用いた装置。フラッシュメモリを用いたSSDが主流。アクセス時間は短く、衝撃に強いが、単価が高く、書込み回数に上限がある。USBメモリと外付けSSDちがいを調べてたけど、そもそも設計思想から違ってSSDは高速高信頼なだけだったからゲームごときの保存ならフラッシュメモリで全然いいと思った。けどWiiUの後ろに常時長いものが出っ張ってるのが気に食わない。もしかして、WIIUにはフラッシュメモリより外付けSSD買ったほうが捗る。SSDというかフラッシュメモリだと時間ベースというより書き換え回数の方が問題。

SSDとは?と聞かれてデカいUSBメモリみたいなやつって答えたらなにそれって顔をされて、フラッシュメモリの容量でかいやつって言ったらまた同じ顔されてクグレカスって久しぶりに思った。さらっと調べた限りでは、SSDの場合、容量が増える=フラッシュメモリの数が多い→書き込み速度が上がるらしい。OSはHDDのままでもガンオンのフォルダをSSDにするだけで、体感的に違ってくるそうだ。SSDに使われるNAND型フラッシュメモリはEEPROMの一種ってことを知らないで寿命批判とかバカだろ。しかも素材特性ガン無視とか。CD-R/DVD-Rで最強のアゾ系ですら6時間でデータ失わせられるし、HDDなら火に掛ければ10秒で終わり。USBフラッシュメモリでは名を馳せているけど、SSDとしては新参だから個人的に信用してないだけだ。SSD(というかフラッシュメモリですね)は、年々すごいペースで低価格化が進んでるから、来年辺りなら512GBもかなり手頃な価格になってくるかな。買い替える場合は最低でも容量は2倍、できれば3~4倍をオススメする。

SSDはデリケート

半導体製品の価格はダイサイズが大きく影響するからプロセスルールの微細化や多層NANDフラッシュメモリの普及でSSDも低価格化するはず。SSDとフラッシュメモリはデフラグすると寿命を削る。フラッシュメモリも値段がだんだん下がっていったしSSDも普及とともに安くなるんじゃないかな。とりあえず円高になってくれ。SSD はフラッシュメモリ。HDDとちがって磁気で読み書きしないから圧倒的に早い。HDD、SSD、フラッシュメモリはいろんな要素で価格上下動してるけどまだしばらくは住み分けできるかな。韓の税金突っ込んだダンピングが焦げ付くまでは。SSDとかUSBメモリはフラッシュメモリってやつだからそれでググればいくらでもわかりやすい原理出てくると思う。

MOSFETの、チャネルが形成されるところとゲートの間にもう一つフローティングゲート(FG)みたいなのがあって、電圧かけたりかけないでFGに電荷出したり入れたりして01を表すのがフラッシュメモリ=SSDみたいな感じっぽい。メインメモリは書き込み回数がないんじゃなくて、桁違いに長いだけらしい…なるほど。SSDやフラッシュメモリが貧弱なだけなんだ。あれこれ調べてみたところ、Cドライブがフラッシュメモリ(SSD)だとReadyboost機能は使えないみたいね。残念。あくまで低速なHDDへのスワップ対策なんだね、内臓がeMMCでも似たようなもんだし、ダメなんだろうな。ちょっと期待していたけど、仕方ないからスッパリ諦めた。フラッシュメモリって振動に弱い。フラッシュメモリの定義があんまりわかってないけど、PCメモリもSSDも今やノートPCってぶつけても普通に動くから強いものだ。

フラッシュメモリはデータの長期保存には不向き

フラッシュメモリはほんとにそういう意味では「データの長期保存に向かない」。SSDが死ぬ間際には、通電中は無事でも電源切ったら翌朝には死んでたなんてのが本当にあり得る。長時間使用は関係ない。理論見れば分かるがSSDは口が1つのUSBフラッシュメモリ群でHDDは磁気ディスクを5~6箇所で制御してる。SSDのはその「口」が壊れると使えなくなる。HDDは制御機構が1つ壊れても使える。PC本体によく使われる補助記憶装置はHDD。それ以外にPC本体によく使われる補助記憶装置ってSSDって思ってたがフラッシュメモリって書かないとバツっぽい。SSDはR/Wをフラッシュメモリで行う。HDDの磁気ディスクを回転するスタイルは垂直分力に弱くて弱くて。

簡単に言えばHDDとSSDの良いとこ取りしたモノ。フラッシュメモリを搭載してHDDの容量を保ちつつSSDに迫る速度を達成したのがSSHD。価格面でもSSDほど高価ではないからHDDと同じ感覚で使えるのがメリット。薄型やファンレスが可能になったのは、インチ単位でサイズを占有し、回転軸を持つハードディスクがSSDに置換できるようになったことが大きい。断片化が発生しやすい課題は残るけど、フラッシュメモリは先進的な発明だった。animelockerが何故かフラッシュメモリからブートしてる。SSDにインスコしたはずなのに。あくまでもCD-DAの話。メモリープレイヤーではそんな話もない。読み込み品質は完全な方で読めなきゃアウト。まさかフラッシュメモリの訂正能力がどうのこうのって言うつもりなのか。SSDにも同じこと言うのかな。

SSDがダメならメモリを増設しよう

今思えばパソコン大容量のやつじゃなくてもUSBフラッシュメモリ買えばいいんだ。フラッシュメモリなくした、なかなかヤバいような。フラッシュメモリとかいうとスピンスピンだ。構造化学。二分の一成人式で持ってこいと言われた赤ちゃんの頃の画像あさりしてるんだけど、CDに焼いてるからフラッシュメモリに移動作業開始して目的が横にそれた。メモリ4GB、SSD128GB、core i5-2660MのノートPC四年使ってるけどそこまで不便じゃない。流石にSSDの容量が少ないとは感じるけど。SSDでそれなりのメモリなら,だいたい満足出来るイメージある。Win8.1、メモリ8GB以上、SSD搭載で使いやすいようにカスタマイズできればかなり快適。のパソコンは中古だけど結構速くなった。秘密は、HDDをSSDに変えてみたりメモリを増設したりした。特に作業内容が変わらないのに重たくなったら、最近メモリの値段が上がっているのを考えるとメモリ増設よりSSDの導入のほうが費用対効果が高い。

「メモリ16GBはないとダメだしSSDなしのマシン使ってるとか原始人かよ」みたいな感じっぽい。SSDとかいう高いものは持っていないからメモリ不足かそもそもSSDじゃないのが悪いかの2択になる。メモリとかマザーはCPUと相談だな。HDD/SSDなんかは挙動が怪しくなければ自分は使い続ける。バックアップはとるけど。SSDは読み込みは得意だけど書き込みはHDDに劣るらしい。HDDオンリーで安定かな。メモリは8GBじゃこれから足りなくなってくるらしい。スペックTLすばらしい。メモリ16でSSDつけてマルチモニタにして25万になりそうなとこだったけど減らせるかも。新しいRazer Blade,Full HDモデルにも16GBメモリ&512GB SSDを用意してほしかったな。Broadwell-Hモデル待ちかな。

SSDを載せないメーカーはダメ

Windowsは遅い。メモリを増やしたりSSDを全然載せないメーカーはダメ。前までアスロン64X2 3800+ メモリ2G 9800GTで OSもXPから7にして長い事使ってたけど 一昨年i7-3770 メモリ16G SSD 670GTX にしたら前のがサブでも使わんなって物置の台になってしまってるな。core 2 duoのCPUが中古で100円なのは処理速度うんぬんよりLGA775ソケットを使うマザーボードの仕様がアカンのだろうね。グラボがPCIe2.0x16だったりメモリがDDR2だったりSATA3.0でSSDも遅かったりでトータルで見ると頭打ちだもんな。中古で仕入れたワークステーションが到着。メモリが少ないのとHDDがSATAなので少し遅い。起動ドライブをSSDかSASにしようかな。あとメモリを3チャネルで使える様に増やさないと。CPU>電源>グラボ>メモリ>ママン>CPUクーラー>SSD>PCケース>ファンコン>光学ドライブという感じで金の使い方が変だなこれ。

とりあえずペンの応答速度上げたいからCPUはクロック数重視で、原稿開きっぱなしにしたいからメモリは最低16GB以上出来れば32GBほしい。起動待ちで気が散るのは嫌だからSSDにして、グラボは最低3画面以上出力できてある程度以上の性能が欲し。見ていくといいお値段するね。いくら光回線が充実したとはいえ、非圧縮のアニメーションをネット経由で納品するにはまだ無理がある。USBメモリではとても対応できない。やはりSSDかな。かなり安くはなってきたね。ビデオカードは750tiを流用すればオッケーだな。システムドライブにはSSD必須だと思う。メモリも8gは欲しいとこだ。CPUは極端に良いものじゃなくてもいい気がする。結論としては自作しちゃった方がいい。大きなケースの自作デスクトップPC使ってたけど、最近はもうネットぐらいしかしなくなってたし、小さいのもいいな。でもメモリもたくさん積めるしSSDだな。マザボとCPU買う。メモリの形式が違うからメモリも買う。よく考えたらマザボ替えたらシステム入れ直しかな。SSDとHDDも買い直す。