フラッシュメモリは大容量化向き

今はまだSSDが小容量だけど冷静に考えると現行モデルでも1チップ128GBとかだからフラッシュメモリの方が大容量化に向いてそう。万が一の時が怖いけど。SSDが出てきて数年愛用してる仲間も居て結構評価出てるから。フラッシュメモリのロードスピードは脅威だ。光磁気円盤って、USBフラッシュメモリやSSDより、今の時代に結構間に合う規格やと思うんだけどな。対容量で見るなら未だに磁気ディスク(HDD)の方が(コスパとしては)強いけどな。SSDはあれ、フラッシュメモリをHDDにしてるイメージ。SSDの寿命、書き換え回数で騙されがちになるけど、SSDはHDD以上に壊れやすい記憶媒体。理由は単純で、フラッシュメモリと同じチップが使用されており、耐久性に難があるため、こちらは、HDDと違い衝撃に強いけど、静電気など電気的な影響に脆弱。

USBメモリ限定での話。フラッシュメモリだとSSDとかもはいっちゃうな。SSDに取って代わる物が出ない限りはフラッシュメモリ全盛が続く気がする。MacBook用のSDカードスロットに挿せるフラッシュメモリある。あれSSD代わりにならないかなとか思うけど、転送速度遅いかな。SSD、高値更新された。もう家にあるフラッシュメモリでいっか。なんでも、製造はできるけど、回転させると強度が足りないらしく…液体封入もしくは真空とかで対応できるそうだけどコストの兼ね合いとかもあって、SSDとかのフラッシュメモリ系の大容量化が進んでるからそのうちコストがかち合うとかなんとか。フラッシュメモリが値下がりして、SSDだなんだと言ってる昨今。光学ドライブやめてもいい気はする。フラッシュメモリだからSSDなのか。

3万でSSD2枚追加できる

たったインテルの3万でSSD2枚とi7-3770に8GBメモリ、HDD2TB、750wのくそ電源、リテールじゃないCPUクーラーとかが一気に生えてきたからな。CPUばっか持ってても意味ないしかも3桁i7とか相当な産廃。とりあえずメモリは4枚乗るみたいだからメモリ追加で合計12GBを目途にまず強化を行い。電源を500wを目途に強化(補助電源ありの)ケースを載せ替えGTX650を載せる。それからHDD2TB追加、SSDに片方交換。BDドライブ化を行う。流石に緊急事態過ぎるから、メモリとSSDを買ってこよう。SSDも買う予定だったし。メモリとSSD以外のパーツ一新した。PC弄るの久々すぎてめっちゃ時間かかった。パソコンの更新が半分完了。メモリとSSD取り替えるだけでこの数値の上がり方。これグラボ使ってないのにな。

初めは「メモリスロット全部埋めたいじゃん、32GB積もう」とか、「SSD複数積んでRAID0にしよう」とか色々ぶっ飛んだ構想があったんだけど、さすがに自重した。USBメモリにハイパーバイザーが入ったままってのもなあってこともあって、できればちゃんと内蔵SSDに入れたいのだが、結局問題はSATA回りっぽいけど、情報がさくっと見つからないってことは、ESXiインストーラに組み込むドライバが何か難しいのだろうか。さすがHDDは更新インストールのダウンロードに時間がかかる。延々とダウンロード。SSDに換装すると、安くてもプラス1万円。でも長い目でみたら時間の大幅な節約になるし、ドライブの仮想メモリへのアクセスが速くなる。

古いマザボならフラッシュメモリタイプのSSDがいい

昔のマザボに乗るのかな。メモリは確実にピン数増えてそう。あとやるならSSDにしたい。MacBook AirのSSDが手狭になってきたから、USBのフラッシュメモリ(16G位)を買ってパラレルのデータを移そうかと思ってる。USBので、出っ張りが少ないの(マウスのトランシーバくらいのやつ)を欲しいけど、なにがいいかな。メモリ足りないパソコンの動作改善にSSD入れたほうが良いのではというやり取りをしていたが、確かに動作早くなるだろうけどSSDの寿命も早くなるということに気づけなかった。MBPはメモリ16G、SSDは512GB、CPUはそのままで審査通るかだけやるか。Windows高速化の手順は、想メモリとTempファイルをDドライブに移動→CPUとメモリ増設→SSD交換か。

ケースとSSDとCPUとGPUとマザボとメモリと電源とモニタとHDDとNICとサウンドカードほしい。スペックはそれなりかな。とりあえずメモリは6GB化してSSD化はしてる。次PCのアップグレードするのはCPUかな。しかしCPU マザボ変えて DDR4のメモリにして .M2のSSDに乗り換え~とかしてたら何ぼかかるんだ。メモリとSSD がほしい。しかし揃えたら三万消える。誰かグラボとCPUとメモリとSSDとHDDとファンとBDプレイヤーくれないかな。モニターは目が疲れにくいIPSモニター。サイズは24.1インチ。メモリも一応理由がある。むしろ他の(Blu-rayドライブとかSSDとかCore i7とか)は削減して良かった。SSDが案外安かった。約60kのモニターってかなり良いやつ。メモリとか半分で良かろうに。